珪藻土バスマット「soil」と「UB足快」を比較して購入

スポンサーリンク

珪藻土とは

珪藻土とは、植物性プランクトン(珪藻)の死骸が化石化して堆積した粘土状の泥土で、特徴としては小さな孔が無数にあいている(多孔質)ため、以下のようなメリットがあります。

● 吸放湿性能が高い
● 脱臭効果がある
● 断熱効果がある
● 防火性に優れている
● 遮音性に優れている

このようなメリットから一般的に壁材として利用されますが、その高い吸放湿性や脱臭効果からバスマットとして開発されたようです。

珪藻土バスマットを選ぶ

商品としては、多種多様にあり、どれにしようか迷いましたが、制作している会社の情報や商品の説明がしっかりしている、「soil(ソイル)珪藻土バスマット(soil株式会社)」と「UB足快バスマット(宇部興産建材株式会社)」で比較検討することにしました。

soil(ソイル)珪藻土バスマット

主原料 秋田県産珪藻土/石川県産珪藻土
製造国 日本
速乾性 大さじ1杯(約15g)を投入してから消えるまでの時間:47秒
吸水量 珪藻土バスマットを105℃の環境で24時間乾燥させた後、24時間水の中に浸して吸水率を計算:95%
使用期限 2年間(目安)
サイズ 425mm×575mm×9.5mm 約1.8kg(Mサイズ)
価格 \8,100 (税込)

※ AmazonにMサイズがなかったため、上のリンクはSサイズです。

UB足快バスマット

主原料 秋田県産珪藻土
製造国 日本
速乾性 スプーン一杯(15cc)の水を投入してから消えるまでの時間:28.13秒
吸水量 珪藻土バスマットを105℃の環境で24時間乾燥させた後、24時間水の中に浸して吸水率を計算:101.7%
使用期限 2年間(目安)
サイズ 425mm×575mm×9mm(±0.5mm)約1.8kg
価格 \5,940 (税込)

多くのサイトで「soilの方が信用できる」とありますが、上記のデータを見る限りUB足快バスマットの方が良さそうです。
宇部興産建材株式会社の企業努力によってそうなってきたのかもしれませんね。

購入はUB足快バスマットで決定です。

私が選んだ理由として、少しその他の特徴を紹介します。

UB足快バスマットの特徴

吸放湿性能

珪藻土バスマットなので、水分を素早く吸収、素早く放出するのですが、特許技術のナノテクノロジーにより、ナノサイズの穴をさらに小さくし、穴の量も増やしているそうです。
これが毛細管現象を起こし、足がバスマットに吸い付くほどの吸水力を発揮します。

脱臭効果

従来の珪藻土のバスマットはにおいを吸収し続けると、飽和して放出してしまう場合があるそうですが、このバスマットは、吸着したにおいを特許技術により放出せず分解するそうです。

防菌効果

カビの菌糸やダニより、バスマットの穴がはるかに小さいため、カビの菌を入れたシャーレに28日間入れてもカビが発生しなかったそうです。
(もちろん、絶対にカビが生えないというわけではないと思うので、お手入れは必要だと思います。)

 出典 UB足快バスマット(宇部興産建材株式会社)

足の裏に吸い付く!UB足快バスマットの使用感

今回は、大きさ縦425mm×横575mm×厚さ9.5mmで、バブル柄のタイプを購入しました。

お風呂から出て、べたべたな足で第一歩。。。本当に吸い付く感じがします。
そしてすぐに乾いていきます!
家族が入浴後にこのマットを使用したすぐ後は、部分的に湿って見える箇所もありますが、その後に自分が入って出るころにはすっかり乾いて、濡れた感じは全くありません。

そして使用後は壁に立てかけるだけ。

冬は冷たく感じるとの口コミもあり、soil(ソイル)の方はカバーが別売りで用意されていますが、名古屋の冬で、私の感想を言うと「特に気になりません」。
むしろカバーをしてしまったら、せっかくの速乾性が損なわれないのでしょうか。。。?
カバーの必要性は、我が家では感じないので、カバーなしで一年中使用します。

メリット・デメリット

今回、布のバスマットから珪藻土のバスマットに変えましたが、私の使用感でのメリット/デメリットを紹介します。

メリット

● お風呂から出てバスマットを使う時、いつもさらっとした状態のマットが使える。
● 濡れたれた状態が持続しないので清潔
● 洗濯する必要がない

デメリット

● 吸水性が弱まった時の手入れが面倒
● 冬に冷たいと感じる人がいる
● 堅い板なので、間違った置き方などで割れる可能性がある

まとめ

UB足快バスマットを買ってから、数ヶ月経っています。
安いからと粗悪品を買って「すぐに割れた」「すぐに吸水性がなくなった」という口コミもちらほらとみられますが、UB足快バスマットは大丈夫なようです。
今でも買ったばかりの頃と変わらない吸水性で、快適に使用しています。

soilと比較っして値段も安いですし、UB足快バスマットを買って正解だったようです♥

スポンサーリンク

フォローする