そうだ、資格を取ろう

スポンサーリンク

今のままでは。。。

美容系のブログを運営しているが、私は美容系の経歴も資格も持っていない。経験と検索力で記事を書いている状態だ。

それでも検索が苦手、もしくはインターネット慣れしていない人には有益な情報を流せているとは思うが、情報があふれかえっている今、その情報を信じるか否かの判断は、素人の意見にはない。「資格を持つ人」が確かな知識から発信する情報だ。

テレビの情報番組を見てもそうだ。一昔前までは、出典も定かではない情報が垂れ流され、それに踊らされた人も多かったが、今は違う。必ず、専門家が登場してその情報が本当である根拠の裏付けと共に情報が発信されている。

あまりにも安易に専門家もどきが登場するので、それを信じるか否かは意見が分かれるだろうが、専門家もどきがいる昨今、資格も持っていない素人の意見は、検討の余地もないだろう。少なくとも私はそうだ。ビタミンC誘導体ではないものを、ビタミンC誘導体として紹介していたり、本当は使わない方がいい成分を良い成分として紹介していたり、はっきり言って「やりたい放題」だ。

ならば私がすべきことは?最低でも資格を持っていた方が良いんじゃないの?

美容に関する資格は民間のものしかないがないよりマシだ。今更皮膚科医師を目指すのは難しすぎる。将来皮膚科医師と連携するにも、何かしらの資格は持っていて損はない。

資格を取ることにした。

資格媒体がスマホになってる

美容系の資格を取る方法を探していたら、驚いた。今は学習から試験まで、スマホだけで完結する通信講座がある。価格も、従来の通信講座と比較して格安だ。それはそうだろう。紙に印刷したテキストを作って送る必要がない分、運営にかかるコストは紙媒体を発送するシステムと比較にならないほどかからないはずだ。もちろん、試験に合格すれば、認定証は紙で送られてくるそうだから、それをスキャンして掲載するもよし、資格を持っていることを公表するだけでもよし。よく考えられている。

私は多分、集中して最短で資格を取得できるように頑張るつもりだが、スマホさえあれば、通勤のスキマ時間に気軽に勉強できるシステムだ。今後、ライバルが量産される気配がする。。。

それでも持っていなければ、ライバルにすらなれない。今は、ないよりマシなことでも、やっておこうと思う。

私は、自分のために、他の人を騙してまで利益を得たいとは思わない。感覚的にだが、日本人は、幸せな時代が長かった分、他人への思いやりを持つ余裕を持っているように思う。そこから外れないように自分を磨いていきたい。

スポンサーリンク

フォローする