Sonyのスマートウォッチ『wena wrist』がスゴイ!

スポンサーリンク

スマートウォッチが欲しかった

Apple Watchが出た時から欲しいなぁとは思っていた。
私が欲しい機能はメールや電話の着信の通知と活動量計ぐらいだったのだが、Apple Watchの活動量計は活動量計専用のアイテムと比較すると多少見劣りする。
そうなると、Apple Watchの費用対効果で考えると、通知機能とあの活動量計機能にあの金額では買う気にはならなかった。

Sonyがこれまでとは違うスマートウォッチをリリース

スマートウォッチというと、Apple WatchやAndroid Wearなどで代表されるように、文字盤がディスプレイになっていてるのが一般的だが、Sonyが最近リリースしたスマートウォッチ『wena wrist』は文字盤側は普通の時計で、バックルにセンサーやLEDライト等のスマートデバイス機能が仕込まれている。

考えてみれば、腕時計サイズの小さな文字盤にメールやSNSの文字を表示したり、アイコンをつけて操作を求められても、もうそろそろ小さい文字が見にくいお年頃の私には「嬉しい機能」とは言い難い。
着信を知らせてさえくれれば、スマホを取り出せばいいだけのことだ。

文字盤もディスプレイに表示させた時計より、本当の時計の方が大人が持つ時計としてはオシャレだ。
オシャレな腕時計をスマートデバイスにする。新しい発想で「いいな」と思う。

『wena wrist』でできること

『wena wrist』自体はディスプレイを持っていないので、様々な設定はスマホにアプリをダウンロードして、Bluetooth通信で『wena wrist』を設定する。
残念ながら現在はiOSにしか対応しておらず、Androidで使用しようと思うと、まずiPhoneで設定しなくてはならず、iPhoneとAndroidの2台持ちをしている人でないと実用的とは言い難いかもしれない。

通知機能

スマホに届いた電話やメール、SNSの着信ををLEDの光とバイブで知らせてくれる。
色やバイブの種類はアプリで設定するが、電話/Facebook/Twitterなど、アイテムごとに設定できるので、全て違う色、違うバイブの設定も可能だ。

ログ機能

『wena wrist』のログ機能は、歩数、消費カロリー、移動距離の3種類のみで、最近の活動量計のように心拍数や睡眠時間の計測といったことはできない。
しかし、そのおかげでバッテリー駆動時間が約1週間という、リストバンドタイプのウェアラブルデバイスの中ではトップクラスの長さとなっているので、どちらを取るか悩ましいところだ。

電子マネー機能

これが『wena wrist』の最大の魅力だ。
バックル部にFeliCaが内蔵されていて、端末にかざせば支払いができる。
チャージなどの操作はスマホで行うが、これを行うのに使用するアプリが、フェリカネットワークス社が提供する「おサイフリンクアプリ」というiOSアプリだ。

現在、「おサイフリンクアプリ」で使用できるのは以下の6つ。

  • 楽天Edy
  • iD
  • QUICPay
  • ANAの「スマートフォンSKiPサービス」
  • ヨドバシカメラ ゴールドポイントカード
  • dポイントカード

私の場合は、楽天Edyが使えるのが嬉しいし、ANAの「スマートフォンSKiPサービス」も魅力だ。

なお、Androidでも楽天Edyが使いたい人のために、「楽天Edy初期設定代行サービス(有料)付き商品」というバージョンの製品も用意されている。
しかし、おサイフケータイサービスの登録や解除にはiOSが必要なので、その辺は改良の余地があると言えるだろう。

『wena wrist』を買うか

答えはNOだ。
機能的には申し分ないのだが、女性用のデザインがない。
バンドが厚くなる分、女性用のデザインが難しいのだろうか?
私は腕が細いので、男性用のデザインの腕時計は似合わない。。。
頑張って女性用のデザインを開発してほしい!

スポンサーリンク

フォローする