日本の伝統工芸品「甲州印伝」を使う|だって日本人だもの

使っていたお財布のボタンが緩んで、意図しないときに開くようになってしまったので、前日、お財布を新調しました。
選んだのは、経済産業大臣指定伝統的工芸品に認定されている「甲州印伝の長財布です。

スポンサーリンク

「甲州印伝」とは

1987年に、経済産業大臣指定伝統的工芸品に認定された「甲州印伝」は、熟練の職人の技でいぶされて自然な色に仕上がった鹿の革に、これも熟練の職人によって、漆で模様が付けられた、鹿革と漆の特性を巧みに融合させた美しい風合いの素材です。

その独特の風合いをもつ素材を使って、印鑑ケースや携帯ストラップをはじめ、財布やカードケース、ショルダーバッグやトートバッグなど、様々な商品が作られています。

甲州印伝の印傳屋

江戸時代から続く老舗

印伝細工を行うところは江戸時代には数件あったそうですが、現在に残ったのは印傳屋さんだけなのだそうです。
以前は、印伝細工の「技」の継承は、代々印傳屋の家長だけに口伝されていたそうですが、現在では印田技法の普及のために公開され、希少な日本の革工芸の文化を伝える担い手となっているのだとか。

日本の伝統工芸、応援したくなりませんか?
日本人が守り育ててきた工芸らしく丁寧に作られていて、細部にわたり品質が良く、「これが日本の工芸品です」と、世界に自慢できる品だと思いますもの

江戸時代から続く小紋柄

出典 印傳屋公式サイトより

「小桜」「菱菊」「とんぼ」など江戸小紋にもみられる伝統の柄は、四季のある日本で、日本人の美意識によってあみだされた美しい模様で、日本人にとってはどこか懐かしい柄でもありますね。

「小桜」や「とんぼ」「きつね」といった柄は、かわいらしく、「花唐草」や「小花唐草」などは華やかな感じがします。
「紗綾形」や「亀甲」など、男性に似合いそうな柄もあります。

興味のある方は、是非、印傳屋さんのサイトに行って、もっと大きな面積で柄を見てみてくださいね。

進化する甲州印伝

印傳屋さんにはのオリジナルブランドがあり、その柄は伝統の日本の柄の「印伝」のイメージ覆す柄になっていて、伝統を受け継ぐだけでなく、今も進化していることを感じさせます。

私が今回購入したお財布は、そのオリジナルブランドのひとつVIORZA(ヴィオルザ)です。

印傳屋オリジナルブランドはVIORZA(ヴィオルザ)の他は以下の11種があり、男性が好みそうな柄や、若い女性や年配の女性が好みそうな柄など、新しい挑戦が感じられる柄になっています。

下のリストはそれぞれの柄のPDFにリンクを貼ってありますので、興味のある方はご覧になってください。

隼人
Folky(フォルキー)
ADEYA(アデヤ)
PRIDEN(プライデン)
Flonity(フロニティ)
illumina(イルミナ)
いほり・なごみ
RYUOLA(リュオラ)
たかね
frinoce(フリノス)
PERMONE(ペルモネ)

私が選んだ甲州印伝の長財布

私は普段、現金をあまり持ち歩かないし、お財布にクレジットカードとお金以外は入れないので、本当は2つ折りの財布でも容量的には十分だったのですが、長財布を持ったことがなかったというだけの理由で長財布にしてしまいました。

印傳屋さんの長財布には、ファスナーを開閉する、もう少し容量の多いタイプもあるので、いろんなものを財布に収納する人はそちらの方がいいかも知れません。

外観

私が選んだタイプは、ボタンで留めるタイプです。
正面はフタと本体の柄が合わせてあり、こういう細かな気遣いが日本製だなぁと感じます。

※ 画像はクリックで拡大表示します。

背側に模様のいいところが来ているのも、表の柄があっているのだから、そういう風に設計されているのでしょうね。
ポケットが1つあり、一時的にレシートなどを入れておくのに便利そうです。

内観

お札・カードのスペース

 

※ 画像はクリックで拡大表示します。

カバーを開けると正面にカードホルダー4枚分があり、普段カードを使うことの多い私には便利そうです。
一番手前はセンターに仕切りのない、幅いっぱいの浅いポケットになっています。
カバーの裏にも浅いポケットがあり、ボタンのところは表とつながっていない幅いっぱいのポケットなので、チケットなどを入れておくと出し入れが楽そうです。

中は大きな札入れが2つあり、それぞれにカードホルダー6枚分、計12枚分あります。
札入れの奥にもひとつポケットがあり、札入れの手前がファスナーのついた小銭入れです。

小銭のスペース

※ 画像はクリックで拡大表示します。

小銭入れは2つの部屋に分かれていて、一奥の方の両側にポケットがひとつずつついています。

これだけ収納があると、海外旅行に行った際も日本のお金と現地のお金を仕分けして、両方入れておけそうです。

スリ対策

私はスリの被害にあったことがありますので、お財布にもパスポートにも、チェーンやひもをつけています。
このお財布もそうですが、フックをかけるところがないお財布は多いですね。
そういったお財布には、カードホルダーに入れて使う「ウォレットチェーン付きウォレットカード」が便利です。
楽天ならSサイズ、Lサイズが選べて、カラーも数種類あるようです。

おわりに

日本人だから、世界に向かってがんばっている日本の産業は応援したいですよね。
それが日本の伝統工芸ならなおさらです。
大したことはできなくても、それを一つ買うことが応援になり、使っているところを見られることが宣伝になるといいなと思っています。

父の日も近いですし、お父様へのプレゼントにいかがですか

スポンサーリンク

フォローする